top of page
shutterstock_2060906291.jpg

COINN
Educational
Materials

shutterstock_1808645731 [Converted].png

教育資料

未熟児網膜症に関するウェビナー

クレア・ギルバート教授、FRCOphth MD MSc、ロンドン・スクール・オブ・ハイジーン・アンド・トロピカル・メディシン、ロンドン、英国の国際眼科教授、ブレイン・ダーロウ教授MA MD(Cantab)FRCP FRACP、新生児科医、オタゴ大学小児科長、クライストチャーチ、ニュージーランドとフィラデルフィア小児病院の小児眼科の外科医であるGrahamQuinn、MD、MSCE教授は、未熟児網膜症に関する一連の3つのビデオプレゼンテーションを共有できることを嬉しく思います。

このシリーズの内容:

1

2

3

ROPの疫学

ROPの一次予防

ROPのスクリーニングと治療

COINN

クレア・ギルバート教授によるROPの疫学

COINN2の一次予防のための未熟児網膜症のウェビナーコピー02

赤ちゃんの出産時の呼吸を助ける-新生児ケアシリーズ

ウェビナー/ビデオ

COINN(国際新生児看護師評議会)が開発した教育ウェビナーは、アッヴィwww.abbvie.com からの無制限の教育助成金を通じて可能になりました。

最初の2つの教育プロジェクト(オンラインレッスン)は、新生児評価新生児感染症の基本原則です。 1つ目は、COINN(国際新生児看護師評議会)のキャロル・ケナー事務局長が提示した新生児評価の基本原則であり、技術リソースが限られている場合の新生児の評価に重点を置いています。 2番目のセミナーは、オーストラリアのタスマニア大学の看護・助産学部の講師であるPatricia Bromleyによって提示され、病態生理学、感染管理の問題、および標準的な衛生慣行について説明します。最初の2つの教育プロジェクトはこちらから入手できます。

スーザン・ブラックバーン博士による「子育ての強化」による3番目のプレゼンテーション(このページの下)は、特別養護施設とNICUにおける子育ての重要性についてです。

Webinars / Videos

COVID 19

thebmjopinion

 

Covid-19 highlights the world’s chronic shortage of life saving medical oxygenhttps://blogs.bmj.com/bmj/2021/06/01/covid-19-highlights-the-worlds-chronic-shortage-of-life-saving-medical-oxygen/

 

PMNCH

 

COVID-19 highlights the world’s chronic shortage of life saving medical oxygenhttps://pmnch.who.int/news-and-events/news/item/01-06-2021-covid-19-highlights-the-world-s-chronic-shortage-of-life-saving-medical-oxygen

その他のリソース:

「健康な妊娠。今重要なのは」 | ダウンロード
両親を期待するための多くのヒントが記載されたパンフレットの英語版(EFCNI、2015年から)。ドイツ語でも利用可能–無料ダウンロードはこちらから。

アメリカ看護師協会:遺伝的およびゲノム看護の要点:能力、カリキュラムガイドライン、および結果指標、第2版、2009年| ここからダウンロード

COINN(国際新生児看護師評議会)は、これらの能力を承認した47の看護組織の1つでした。

英国周産期医学協会:新生児看護師の臨床能力に関するコアシラバス(2012) | ここからダウンロード

健康な新生児ネットワークからのベック、ガンジス、ゴールドマンおよびロング(セーブ・ザ・チルドレン)による新生児リファレンスマニュアル(2004)のケア| ダウンロード

明日のケア–母体および新生児の健康とアフターケアサービスに関するEFCNIホワイトペーパー| ここからダウンロード

国際的に有名な専門家であるリンダ・フランク博士によって書かれた集中治療室で赤ちゃんを慰めることは、両親が乳児と痛みについて学ぶのを助けるためのガイドです。無料の小冊子は英語とスペイン語でご利用いただけます。 PDFまたはiBOOKSバージョンのいずれかが利用可能です| ここからダウンロード

ヨーロッパ全体の未熟児に関するEUベンチマークレポート(これもEFCNIから)(2009-2010)| ここからダウンロード

小さな病院に欠かせない新生児看護(2004年) | ここからダウンロード

この文書は、新生児のリソースが限られている病院の看護師のニーズに焦点を当てています。写真と図は、看護師がレベルIIの保育園(中間ケア保育園)の新しいスキルを学ぶのに役立ちます。

すべての新生児:予防可能な死亡を終わらせるための行動計画(概要) | ダウンロード

思いやりのある手への家族の架け橋| ウェブサイト

ケアチームのメンバーに従事し、赤ちゃんの擁護者に情報を提供するために必要な予測的なガイダンスと知識を家族に提供するように設計されています。私たちの家族支援プログラムは、リスクの高い分娩前の家族とその医療チームとの個人的なつながりを促進し、NICUアンバサダーRNプログラムおよびWebサイトの患者ポータルにあるモジュールを通じて親に貴重なリソースを提供します。

未熟児と死産を防ぐためのグローバルアライアンス(2010) | ダウンロード

2010年に出産時のBMC妊娠における未熟児と死産を予防するためのグローバルアライアンス(GAPPS)によって発行された7つのレポートは、この公衆衛生上の懸念の発生率を強調し、それに対処するための証拠に基づくソリューションの有効性について議論し、提唱する方法を検討します同じためにリソースを動員します。

新生児/乳児/母親のケアに関する健康な新生児ネットワークのビデオ| ここを見る

INTERGROWTH-出生図で21番目の新生児サイズ| 男の子または女の子のためのダウンロード

利用可能なWHOの子供の成長基準を補完し、母集団間の比較を可能にする、出生時の在胎週数の体重、長さ、および頭の周囲の性別固有の基準。詳細については、 https://intergrowth21.tghn.orgをご覧ください。

新生児の生存に関するランセットの記事(2005) | ダウンロード

マーチオブダイムズ:妊娠と健康プロファイル| ダウンロード

患者と医療専門家が家族の健康歴に基づいて遺伝的危険因子を特定して話し合うのに役立つ無料のソフトウェア。パンフレットを調べて、 ここでリソースを見つけてください。

米国周産期協会による後期早産児のケアのための学際的ガイドライン(2013)| ダウンロード

National Perinatal Associationは、早産後期の乳児のケアに関する重要な新しいガイドラインを共有できることを嬉しく思います。妊娠34-366 / 7週で生まれた乳児と子供をケアするヘルスケアプロバイダー、両親、ケースマネージャーなどのためのこの新しいツールは、出生から小児期までの遅発性早産児の管理に関する証拠に基づいた推奨事項を提供します

Neo-BFHI:新生児病棟のための赤ちゃんに優しい病院イニシアチブ:母乳育児を保護、促進、サポートするための3つの指導原則と10のステップ:推奨される基準と基準を備えたコアドキュメント– Nyqvist et al(2015)による北欧およびケベックワーキンググループダウンロード可能| ここからダウンロード

新生児ケアチャート:セーブ・ザ・チルドレン、ユニセフ、リンポポ大学新生児ケアのためのリンポポ・イニシアチブによって作成された病院での病気と小さな新生児の管理(2010)| ダウンロード

病院での病気と小さな新生児の管理のための新生児ケアチャートは、地区および地域の病院レベルで医師と看護師が使用するように設計されており、病気と小さな新生児の評価、分類、治療、および概要のすぐに参照できます。すべての新生児に提供されるべき日常的なケアの。

ユニセフ:子どもの生存への取り組み:約束が更新されました(進捗レポート2013) | ここからダウンロード

ユニセフ:南アジアの子供たちに役立つこと:新生児ケア:概要(2004年) | ここからダウンロード

世界保健機関(WHO):子供の成長基準| ここからダウンロード

新しいWHOの成長チャートは、母乳育児、健康的な食事、適切なヘルスケアなど、健康的な成長を促進する環境で育った世界中の8,000人以上の子供たちの研究に基づいています。

WHO:新生児の問題の管理(2003) | ダウンロード

また、 より多くの参照  乳児と母親の健康について

WHO;マーチオブダイムズ;母体、新生児、子供の健康のためのパートナーシップ;セーブ・ザ・チルドレン:早産:早産に関するグローバルアクションレポートはこちらからダウンロード

WHO:HIVと乳児の摂食に関するガイドライン(2010) | ダウンロード

HIVとの関連での乳児の摂食に関する原則と推奨事項および証拠の要約

WHO(2013):プライマリヘルスケアにおける専門家間の共同実践:看護と助産の展望とWHOの看護と助産の進捗レポート2008-2012 | ダウンロード

看護と助産に関する2つのWHOの出版物。

離脱評価ツール(複数の言語)は、乳児の病院のオピオイド離脱症状を測定するために利用できます(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)| ダウンロード

Resources

その他の材料:

スウェーデン、ストックホルムのカロリンスカ大学での超早期介入会議– 2015年3月

超早期介入に関する6時間以上の素晴らしいプレゼンテーションとディスカッション–カロリンスカ大学ストックホルムからの無料ウェビナー。リスクのある乳児に対するエビデンスに基づく(超)早期介入に関する第6回ストックホルム会議は、EFCNI(新生児ケアのための欧州財団)とEADCare(欧州発達ケア協会)によって2015年3月に開催されました。会議のプレゼンテーションはここで利用可能です: http://ultra-earlyintervention.creo.tv/2015/sandning

東オンタリオ小児病院(CHEO)研究所とオタワ大学–赤ちゃんに優しく/新生児の痛みの管理| ビデオを見る 英語フランス語

いくつかの証拠に基づく教育ビデオは、さまざまな言語で利用できます。 ポルトガル語でスペイン語、イヌクティトゥット語で新生児の痛みの管理をご覧ください。北京語とアラビア語のバージョンが間もなく登場します。

グローバルヘルス2035:世代内で収束する世界| ウェブサイト

2012年12月から2013年7月にかけて、世界中の25人の著名なエコノミストとグローバルヘルスの専門家からなる独立委員会が集まり、医療投資の事例を再検討しました(2013年12月にThe Lancetで発表されたレポート)。

HealthPhone、安全な母性と新生児の健康ライブラリ| ビデオを見ます

HealthPhone™は、携帯電話で配布される、非識字者を含む家族やコミュニティのための、より良い健康と栄養の実践への個人的なビデオリファレンスライブラリおよびガイドです。

すべての新生児:予防可能な死亡を終わらせるための行動計画| ビデオを見る

このビデオでは、影響を生み出す可能性のある新生児死亡率と介入の主な原因と、すべての新生児行動計画が世界中の資源の少ない国々の変化にどのように関連するかを強調しています。このプレゼンテーションの概要をダウンロードすることもできます(ダウンロードするには資料にアクセスしてください)

Medical Aid Films –新生児の健康に関するさまざまな言語のビデオをチェックする| ビデオを見ます

Open Pediatricsは、新生児専門医を含む小児科医向けの無料のWebソースです。 ビデオを見ます

セーブ・ザ・チルドレン:初日を生き抜く|   ダウンロード

世界の母親の第14回年次報告書は、母親と新生児が生存への最大の脅威に直面する重要な人生の最初の日を調べています

健康のための人的資源に関するレシフェの政治宣言:国民皆保険に向けた新たな取り組み(2013年11月13日)| ここからダウンロード

2013年5月16日のカロリンスカ大学病院NIDCAPトレーニングセンターでの超早期介入会議

親と乳児の相互作用と、乳児と親に対するこれらの関係の長期的な影響に焦点を当てた、この会議の無料で完全な報道。このリンクをたどってください;ログインは必要ありません–再生ボタンをクリックするだけです! Karolinska NIDCAPトレーニングセンター、EFCNI、EADCare、およびAbbVie、Covidien、KANMED、Vygon、PulmieCare AB、その他の企業からの寛大なスポンサーサポートのおかげで、配布資料とPDFも利用できます。

*このページの情報はあなたの裁量で使用してください。 COINN(国際新生児看護師評議会)は、ウェブサイトの内容を変更する責任を負いません。提供されるすべての情報は情報提供のみを目的としており、特に明記されていない限り、COINN(国際新生児看護師評議会)と組織との間の法的契約を構成するものではありません。 COINN(Council of International Neonatal Nurses、Inc)は、COINN(Council of International Neonatal Nurses、Inc)の外部のさまざまなソースによって作成および維持されている資料を必ずしも承認しているわけではありません。

Materials
Mother Holding Baby Finger
logo-schp_edited.png
the-sydney-children-hospital-network_edited.png

We are delighted to announce the Family and Infant Neurodevelopmental Care eLearning program is now live.

10% discount code

https://schp.org.au/fineaustralia

 

COINN 10% discount code: (for members only)

inc_post.png
coinn.jpg
inc.jpg

2021 INC Scientific Workshop

 

C-Path’s International Neonatal Consortium held its two-day annual scientific workshop in a virtual format, October 19-20, 2021.

Communication tools

INC Scientific workshop

Geralyn Sue Prullage, Carolle Kernner, Mustapha Mahama,  Victoria Awalenkak Agwiah, Mavis Suglo (2024). Providing standardized neonatal education in Northern Ghana. Elsevier Journal.

Access journal: https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1355184124000772

unnamed-4.png
The iKMC News series by the American Academy of Pediatrics

The iKMC News series by the American Academy of Pediatrics  through funding from the Bill and Melinda Gates Foundation, and in collaboration with the World Health Organization, other implementing organisations and several national professional societies, showcases a series of webinars aimed at promoting new evidence on immediate Kangaroo Mother Care (iKMC).

This series features global experts in iKMC and small and sick newborn care supporting a global paradigm shift of zero separation for mothers and babies with a goal to improve quality of care and outcomes for small and sick newborns. 

Access resource: https://www.aap.org/en/aap-global/immediate-kangaroo-mother-care-ikmc/

The KMC info pack from the Newborn toolkit

To highlight the benefits and planning required for implementing effective KMC initiatives, we encourage you to read through the KMC related material collated by the Newborn toolkit team. 

Access resource in English: https://newborntoolkit.org/toolkit?language=en

Access resource in French: https://www.newborntoolkit.org/toolkit?language=fr

Country Experiences with iKMC
The 'Kangaroo mother care' method: India introduces first ward to provide immediate KMC

Following the WHO iKMC study, India introduced the first ward to provide iKMC health services at the hospital where the trial was conducted in new Dehli.

Access resource: https://www.youtube.com/watch?v=TlV6B1y4Fs4

international-stillbirth-alliance-logo-300x84.png
Global Advocacy and Implementation Guide - International Stillbirth Alliance

This action-focused guide brings together existing resources and practical guidance to inform planning, investments and programmes aimed at ending preventable stillbirths and improving care for all women and families who experience stillbirth. It also highlights case studies from a wide range of contexts to showcase what can be achieved.

Access resource: https://www.stillbirthalliance.org/global-advocacy-and-implementation-guide/

cnf.873ab17b.png
Canadian Neonatal Foundation - Quality Improvement integrated Kangaroo Mother Care

Kangaroo mother care (KMC) for low birthweight babies has been proven to reduce neonatal mortality and improve outcomes for survivors, particularly in low- and lower-middle income countries. Despite the evidence of significant benefits from these well-designed educational programs, the uptake of KMC has been patchy worldwide.

 

Dissemination and implementation of effective healthcare practices require more than good science and effective educational strategies: they need strategic implementation of scientific methodologies. Quality Improvement-integrated Kangaroo Mother Care (QIiKMC) combines clinical and quality improvement training into a single program.

 

The Canadian Neonatal Foundation has partnered with the International Pediatric Association to make QIiKMC materials freely available for all. By registering on our website, visitors can download QIiKMC materials for unlimited use by their teams and healthcare trainees.

Access resource: https://www.cnf-fnc.ca/programs/quality-improvement-integrated-kangaroo-mother-care

Small and sick newborn care - Implementation Toolkit

This toolkit brings together readings, tools and learnings for implementers to act, use, share and learn.

Access resource: https://newborntoolkit.org/?language=en

ProjectHope_Logo_CMYK-Med.png
coinn medium_edited.png

A COLLABORATIVE EFFORT BETWEEN THE COUNCIL OF INTERNATIONAL NEONATAL NURSES (COINN) AND PROJECT HOPE

The Council of International Neonatal Nurses (COINN) and Project HOPE have collaborated on the development of a Landscape Analysis that attempts to examine the extent of specialized neonatal nursing education programs across Africa. This analysis is aligned with the WHO strategy 4: Create and train a new cadre of specialized neonatal nurses and examine the extent to which Neonatal Bachelor and Master degree programs are in existence or in development that aim to prepare this cadre in sub-Saharan Africa. With the establishment of the COINN Global Technical Advisory Committee (GTAC) and Community of Practice (CoP)-specifically the Community of Neonatal Nursing Practice (CoNP), funded by the Gates Foundation, it was recommended that GTAC, in collaboration with Project HOPE, provide an update anddescription on the existing neonatal nursing degrees as well as identification of developing programs in Africa. A previous analysis was initiated in 2021 by Project HOPE and COINN but was limited due to existing resources. The experience from this earlier analysis was helpful to meeting the challenges of the current more extensive analysis.

Results Report: Download

bottom of page